保育士

保育士転職に良い時期


保育士として、転職する良い時期って?

仕事を辞める、転職する、といった事は昔よりも抵抗は少ないとは思いますが、それでも生活が変わる大きな転機、決断となりますよね。

「仕事を辞めて良かった!今の園での仕事が合っている」

「前の園を辞めなければ良かった・・・待遇は良さそうだったのに、働きにくい」

どんな業界、職種でもそうですが後から後悔しても時間を戻すことは出来ませんし、またすぐに転職をするといったことも難しいです。

そのため、転職先選びには十分に時間をかけ、情報収集をすべきですね。

保育士転職に関してもハローワークの他の求人情報源として、保育士求人に特化した豊富な情報量を持つ人材紹介会社がいくつもあります。

保育士さんが活躍する職場もたくさんありますしね、情報収集をしてみたら最初の希望とは違う職場の方が希望の働き方が出来る事が分かった、といったケースもあるでしょう。

好条件、より多くの保育士求人の情報を得て、しっかりと求人を比較・検討してから応募先を決めたい、といった場合に適した時期はいつなのでしょうか?

保育士求人が最も増える転職時に良い時期は1月~3月

保育所で働く保育士
好条件、高待遇、主任保育士求人など含め、保育士求人が最も多くなる時期としては、やはり1月~3月となります。

年度が切り替わる4月から、新たに保育士の採用を考える保育園、託児所など保育施設は多いですね。

冬のボーナス支給後に退職願を出す保育士さんも多く、3月までは働いて!となるケースも多いでしょう。

やはり途中での退職・転職は引き留められる事も多くなると言えますから、辞めたい場合には相談のタイミングなども見計らう必要はありますね。

保育士転職の良いタイミング、という事で考えた場合には、

保育士求人が一年で最も多くなる1月~3月

良い時期、といえそうですね。

中途採用を行いやすい時期でもありますから、3月末で辞めたい、といった相談はしやすいとも言えますね。

3月半ばで急に辞めたい!というと4月からの採用に間に合わないと園側が困る事もあります。

もし退職の意思がある場合には、少なくとも1ヶ月前、余裕を持ってであれば2ヶ月くらい前には園長や主任に伝えておかれると良いのではないでしょうか。

辞めます!と言えばすぐに辞められる訳ではありません。
転職、退職に必要な期間を考えておく事も重要ですよね。

新規オープンの園なども4月に合わせてが多いですから、オープニングを狙っている保育士さんも1月~3月の保育士求人を中心にお探しになってみてはいかがでしょうか。

7月~9月も保育士求人は狙い目の時期

保育士
1年で最も保育士求人が増える時期は1月~3月ですが、その次としては7月~9月も狙い目です。

お盆明けからは転職者も増えますし、求人をかける側としてもお盆休み、夏休み明けに採用活動をスタートするケースが多いです。

どうしても間に長期休暇があると盛り上がりませんし、中断するのは心理的に避けいものですからね。

年明け以外でも保育士求人が増える8月、9月は夏場の狙い目時期といえます。

7月の夏のボーナス支給後に辞めよう!

という保育士さんも実際多いため、7月~9月頃はその補充と言った意味合いからもい中途採用、保育士求人が増える時期となっています。

転職活動は退職してから?在職しながらが良いの?

一般的には転職活動は在職しながらが良いと言われます。

実際、収入を得つつ転職先を探す方が生活が安定しますから、焦って転職先を決めなくても良いという事は言えますね。

もし退職してから転職先を探す場合、確かに情報収集の時間はとれますが一日かけるほど情報収集する必要も無いといえますし、転職活動が長引くと収入がありませんから焦ってしまいます。

焦ると、それほど良いと思わない職場であっても、

「そろそろ給料が入らないと色々と延滞してしまう・・・実家に戻らないといけない・・・」

と働く事を決めてしまう事も考えられます。

その場合、「やっぱり違う・・・」という気持ちが次第に強くなり再度の退職、となるケースは多いようです。

総合的に考えると、やはりオススメは働きながら、給料を得つつの転職活動ですね。

もちろん、もう無理!限界!といったどうしようも無い理由があれば、退職をされた方が良い事もあります。

ケースバイケースとは言えますが、焦って転職先を決めるリスクが減る在職しながらの転職活動が、やはりオススメと言えます。

関連記事として、

今の保育園を辞めたい!もっと働きやすい園の保育士求人

も合わせてご覧になってみてください。