入院中の子供
東京都 保育士求人紹介・派遣会社 > 病棟保育士 > 増える求人ニーズ、医療保育専門士

増える求人ニーズ、医療保育専門士


医療保育専門士として病院で働く

病院で働く保育士。

医療保育士、病棟保育士としての職を目指し、日々勉強されている保育士さんも多いと思います。
入院中の子供達をケア、遊びなど保育を提供するために保育士を採用する病院はじわじわと増えてきています。

小さな子供達にとって、病院での生活は大きなストレスがかかるもの。
まして病気ですから、しっかりとしたケアが必要とは以前から言われてきていました。

リラックスして治療を受けることはとても大切なことです。

ご家族も不安でいっぱいです。

医療知識を持つ保育士が病院で働く事で、こうした子供達のケア、保育、さらには親御さんの不安の軽減などに繋がる事が期待されます。

遊びを提供していない時間も、食事の介助、トイレ補助、オムツ交換、昼寝・夜の就寝時のサポートなどその役割は多岐にわたります。

医療保育専門士になるには

医療保育専門士の資格は日本医療保育学会が2007年3月に創設した資格です。

入院中の子供達に対する保育の必要性は以前から言われてましたよね。
私も子供が入院した際には、こうした保育があれば良いのに・・・と強く思ったものです。

病院に非常勤で保育士さんはいましたが、人数が少なかったこともあり不満はありました。
今はどうなのでしょう。

今後、多くの病院で入院中の子供達への保育が充実していくと良いなと思っています。

医療保育専門士の認定を受けるために必要な条件は下記の3つとなります。

・日本国の保育士資格を保有すること

・病院、診療所、病児保育、病後児保育、障がい児支援施設など特定の施設で常勤1年以上、非常勤は年間150日以上2年以上の保育経験を有すること

・日本医療保育学会会員であり、1年以上の会員歴があること

(2017年7月現在、最新情報に関しては日本医療保育学会にてご確認ください)

ちなみに、毎年10人~30人ほど認定されているそうです。

今後ますます、病院で働く保育士として専門性の高い保育を志す方にとって、重要な資格となりそうです。

病棟保育士、医療保育士の求人を探すには

ニーズが高まっているとはいえ、人件費を賄えるほど診療報酬が加算されないため、保育士の採用に関しては病院によって姿勢がかなり違います。

多く保育士を採用している病院もあれば、ごく少人数の採用であったり、外部企業へ病棟保育を委託している場合もあります。

求人を探す場合にも、一般的な保育園よりも職場としてはずっと少ない事もあり希少性の高い保育士求人となっています。

情報を多く得る方法としては、複数の求人情報源をあたる事をオススメします。

・ハローワーク
・病院の採用ページ
・転職サイト
・人材紹介会社

希少な職場からの求人をお探しになる際には、他の仕事の場合でもそうなのですが求人情報源は複数を活用する方が見つかる可能性が高くなりますね。

それでもなかなか求人が見つからない可能性もあります。

人材紹介会社を利用する事で、病棟保育を委託されている企業からの保育士求人が見つかる事もあります。

こうした企業へ転職をして働き、経験を積む機会を得るというの検討してみてはと思います。

東京都 病棟保育士 求人

の記事中で、

東京都 おすすめ保育士人材紹介会社

として保育士求人をお探しになる際に便利な保育士紹介会社、転職サイトについて掲載をしています。

こちらも合わせてご覧になってみてください。